信夫山散歩 岩谷観音のお話し

 信夫山の東端に「岩谷観音」という所があるのはご存知ですね? 福島市指定の史跡にもなっていて、それは見事な磨崖仏(まがいぶつ)が60体も岸壁に彫られています。

岩谷観音

 磨崖仏とは、自然の岩面を半肉仏として彫刻したものです。

 昔の人は今よりずっと信心深く、ご先祖さまが仏さまの世界で安楽に暮らせるよう、そして自分も救われるようにと、一心に祈ったのですね。このような磨崖仏は世界中で見られます。

 さて、岩谷観音は、もともと五十辺地区の豪族であった伊賀良目(いがらめ)氏が、洞窟に聖観音を安置したことに始まりました。福島藩主板倉家の歴代略記によれば、彫られ始めたのは、1700年ごろとありますが、びっくりすることにそれ以後も、明治の初めまで、供養仏が彫り続けられたのだそうです。

 また、岩谷観音には庚申塔(こうしんとう)も多く立っています。庚申信仰とは中国から来た信仰で、庚申(昔の暦で、かのえさるの日)の夜、人の中に住んでいる三尺(さんし)の虫が、寝ている時に身体から抜け出して、その人の罪科を天帝に告げ口し、天帝はその報告によって人を罰するというのです。だから、昔の人は行いを良くして、庚申の夜は眠らずに過ごしたのだそうです。岩谷観音は隠れた桜の名所、ぜひ一度、訪ねてみましょう。

(福島リビング新聞掲載)

たとえば、雪化粧の信夫山。はなれて南から見れば、まるで街を泳ぐ巨大な白鯨。冬の信夫山も素晴らしい。貴方も信夫山で、どうぞ大きな夢を。

あずまゆき
あずまゆき
専門学校卒業後、テレビCMプランナーとして広告制作会社に入社。毎日絵コンテを描く中、イラストレーターを志すようになる。広告制作会社を退社後、イラストレーターとして活動を始める。現在、株式会社エムケーに所属。信夫山関連のイラスト作成を中心に活動中。

助成金の申請はこちらから